金融系OL「もも」の投資日記

金融機関に勤めているOL「もも」です。株やFX、仮想通と不動産投資してます。

13-14日に開催されるFOMC(米連邦公開市場委員会)に注目が集まる!

f:id:fxtraderm:20170613142005p:plain

本日13日(火)から明日にかけて、FOMC(米連邦公開市場委員会)が開催されます。

市場では“利上げ”が確実視されていて、注目が非常に集まってますね。

 

FOMCに注目、指標も目白押し(2017年6月12日 ロイター)

 6/12のロイターでは、以下のような記事がありました。

 

今週の米株式市場は13日から2日間の日程で始まる米連邦公開市場委員会(FOMC)に注目が集まる。

また消費者物価指数(CPI)や小売売上高など指標も目白押しだ。

 

FRBは年末までにインフレ率が目標の2%にほぼ到達すると予想している。

イエレン議長は労働市場の引き締まりを主な理由に挙げているが、インフレの伸び悩みが長引くほどFRBが予想どおり年3回利上げする可能性は低下する。

 

イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長は14日に記者会見し政策決定について説明する。

 経済指標は13日に5月の卸売物価指数(PPI)、14日に5月のCPIと小売売上高、15日は5月の鉱工業生産と6月のNY州製造業業況指数が公表される。

16日も5月の住宅着工、6月の米ミシガン大消費者信頼感指数速報値が発表になる。

 

 2017年6月13-14日開催のFOMC、ここがポイント!

 明日発表される米国の政策金利発表では、利上げが確実視されています。

為替市場では、かなり織り込まれている様相。

 

今回の政策金利発表で一番のポイントとなるのは

バランスシート縮小計画に関して、どのような言及があるのか

でしょう。

 

 米国は2008年に起きた金融危機以降、緩和政策を続けてきました。

その結果、FRB米国債を買いまくり、バランスシートは450兆ドル(約500兆円)までで膨張。

これに対してFRBが今後どのような対策をしていくのかに市場の注目が集まっています。

 

 FOMC政策金利発表は、6/15(水)の3:00となります。

その後、3:30からイエレン米連邦準備理事会(FRB)議長の定例記者会見が行われます。

 

 日本国内はまだ真夜中なので、無理のないトレードを心がけましょうヽ(´▽`*)

 

私トレーダー“もも”がおすすめするFX口座

 

DMM FX

 FX口座数が国内NO.1のFXです。

FXを始めるなら、まず口座開設しておきたいFX業者さんです。

 

外為ジャパン

 今なら、口座開設をすると最大で2万円のキャッシュバックのキャンペーンを実施中です。

初心者にも取り組みやすい1,000通貨取引に対応です。

 

マネーパートナーズ

 FX nanoだと100通貨から取引できます。

FX取引とはどのようなものなのか試してみたい人にはおすすめのFX口座です。

 

 

「DMM FX」の関連記事

  私が書いた「DMM FX」に関する記事へのリンクを貼り付けておきます。

こちらの記事もぜひ一度、読んでみてくださいね(’∀’*)

 

国内口座数NO.1の「DMM FX」、レバレッジやスプレッドなど為替取引に関するQ&A一覧 - 初心者の為のFX、OLももの為替日記

fxtraderm.hatenablog.com

 

 ・国内口座数NO.1の「DMM FX」は、1万円のキャッシュバックなどのキャンペーンが充実しているFX業者 - 初心者の為のFX、OLももの為替日記

fxtraderm.hatenablog.com